トランクルーム・レンタル収納スペースとは
 
 

ご家庭、会社で収納しきれなくなった物の保管などにお使いいただけます。たとえば、ご家庭では、オフシーズンの衣類、レジャー用品、お子様の成長の思い出の品々、お部屋に入りきらなくなったコレクションなど、また、会社では、保管が義務付けられている書類や、ご家庭と同じようにオフシーズンのもの、レンタルで借りた機器の梱包資材の保管など、お客様のニーズに合わせたご利用が可能です。

 

トランクルームのタイプ
トランクルームには、さまざまなタイプがあります。

トランクルーム(ビルインタイプ)
  倉庫ビルを小さく区切って収納スペースを作成し、それをレンタルしているタイプです。このタイプもさらにいろいろなケースがあり、1つは、完全に契約者が鍵を自分で管理し荷物の出し入れをするタイプと、倉庫業者に依頼して出し入れしてもらうタイプがあります。前者が一般的ですが、後者は、自宅へ荷物の集配サービスが付加されている場合があり、荷物を渡してしまえばいちいち出し入れに行かなくてすむというメリットもあります。
  また、居住用のマンションの一部(たとえば地価など)をトランクルームとして貸し出して意いる場合もあるようです。
  最近では、分譲マンションに各戸分の収納スペースとして併設している場合も増えてきました。お子様の三輪車や自転車など普段使うけれど、部屋には入れたくないもの収納できるので大変便利なようです。
  ビルインタイプのトランクルームは、コンテナタイプに比べると費用が少々高めですが、冷房が完備されていたり、セキュリティシステムが備え付けられていたりと設備面で充実しているケースが多く見受けられます。
コンテナタイプ
  空いている土地に輸送用コンテナを並べて置いてあるタイプです。ビルインタイプのトランクルームより安価であるのが特徴です。ただし、直射日光による気温の上昇に弱いというデメリットがあります。
バイクボックス
  バイク専用の収納スペースで、コンテナタイプとマンションの地価などを改造したタイプとあるようですが、首都圏など大都市にしか存在しないようです。利用目的はなんといっても盗難防止ですが、バイクの好きな方にとっては大切なバイクを風雨にさらしたままにしたくないというのが理由のようです。

 

トランクルームの利用のしかた
 トランクルームの使われ方については、お客様の用途しだいですが、主に以下の場合が多いようです。
  ・長期海外赴任や増改築などで家財を保管
  ・会社の社屋が手狭になった時に普段使わないものを保管
  ・ほかにも、自宅の押入れがわりに使うケースも多いようです。
 トランクルームは住居としては作られていないので、人が居住することはできません。また、保管できないものも決められていますので、契約前に必ず確認しましょう。
  契約した収納スペースは、基本的に自分で管理することが契約書によって決められていることが多いのですが、荷物を定期的にチェックして換気を行い、カビなどに対する注意が必要です。押入れにしまってあるものでもカビがつくこともあるのですから、年中締め切っているトランクルームは自宅の押入れよりもカビにとって住みやすい状況にあります。それから、ダンボールを積み上げると、運び入れたときは、ダンボールの箱がきれいに積みあがっていても、ダンボールが年月とともに少しずつ変形して荷崩れを起こすことがあります。中のものが壊れてしまう前に、定期的にチェックしたときにでも積みなおしておきましょう。雛人形などの保管は、高温になるコンテナタイプには不向きです。高温になることによって塗料が脱水状態となり、人形の顔がひび割れたりすることがあります。
 トランクルームによっては、貴重品を受け入れてくれるところもありますが、一般的には不可の場合がほとんです。なにも指定がなければ、自己責任でということになるでしょう。


運送について
 トランクルームへの荷物の運送は、運送業者へ依頼するか自分で運ぶことになります。トランクルームによっては、自社の運送担当で集配することが条件となっているところもありますが、ほとんどは自分で運ぶことになります。契約者が鍵を管理するタイプのトランクルームですと、運送業者への委託はできません。自分も一緒についていって鍵を開けて収納場所などの指定をしましょう。

 

注意事項
 一番多いトラブルは、なんといっても荷崩れによる破損と、カビによる劣化です。荷崩れによる保管品の破損は、トランクルームのタイプによって保証される場合とそうでない場合があります。賃貸されたスペースを自分で管理する場合は、保証されることはありません。それ以外の場合は、保険がかけられていることもありますので、倉庫業者に確認してみましょう。また、カビによる被害は賃貸されたスペースを自分で管理するタイプでも、そうでないタイプでも、保証されるかどうかは倉庫業者の


 

Copyright (C) 2007 Charis Co.,Ltd. All Rights Reserved. (記述例です)